menu

木はその実によって見分けられる / A TREE IS KNOWN BY ITS FRUIT

レッスン3 3種類の木

ルカによる福音書6:44 木はそれぞれ、その実でわかる。

マタイによる福音書7:18 良い木が悪い実をならせることはないし、悪い木が良い実をならせることはできない。

木々には、違う名前がついていますが、それぞれの木が、次にあげる3種類の木のうちのひとつに分類されます。

1.腐った実を結ぶ木
  
 マタイによる福音書7:16 あなたがたは、その実によって彼らを見分けるであろう。茨から
 ぶどうを、あざみからいちじくを集める者があろうか。

 マタイによる福音書7:19 良い実を結ばない木はことごとく切られて、火の中に投げ込まれ
 る。

 どのような行動、または振る舞いが、腐った実と関連付けて考えられるでしょうか。

2.実を結ばない木

 マタイによる福音書21:18-20 朝はやく都に帰るとき、イエスは空腹をおぼえられた。そし
 て、道のかたわらに一本のいちじくの木があるのを見て、そこに行かれたが、ただ葉のほかは
 何も見当たらなかった。そこでその木にむかって、「今から後いつまでも、おまえには実がな
 らないように」と言われた。すると、いちじくの木はたちまち枯れた。

 遠くから見たいちじくの木には、実を結ぶ見込みはありましたが、葉があるだけでし
 た。葉とは、良い行いの象徴です。(アダムとエバが罪に陥った後、エデンの園での
 義への試みの箇所から引用されています。創世記3:7)しかし、イエス様は、私たち
 が良い行いをすることだけで満足されるのではなく、実を結ぶことを望んでおられる
 のです。

 数多くの宗教や団体が良い行いをしていることを考えてみてください。彼らは実際に
 良い行いをしています。けれども実のない、葉だけの木に対するイエス様の反応を
 考えてみましょう。
 実を結ばない、葉があるだけの木は、最後にどうなりましたか。

3.良い実を結ぶ木
 
 詩篇1:1-3 このような人は流れのほとりに植えられた木の時が来ると実を結び、その葉も
 しぼまないように、そのなすところは皆栄える。
 エレミヤ書17:7-8 おおよそ主にたより、主を頼みとする人はさいわいである。彼は水のほ
 とりに植えた木のようで、その根を川にのばし、暑さにあっても恐れることはない。その葉
 は常に青く、ひでりの年にも憂えることなく、絶えず実を結ぶ」。

実の豊かさの源

 ルカによる福音書6:45 善人は良い心の倉から良い物を取り出し、悪人は悪い(心の)倉か
 ら悪い物を取り出す。心からあふれ出ることを口が語るものである。

 ヤコブの手紙3:11-12 泉が、甘い水と苦い水とを、同じ穴からふき出すことがあろうか。わ
 たしの兄弟たちよ。いちじくの木がオリブの実を結び、ぶどうの木がいちじくの実を結ぶこと
 ができようか。塩水も、甘い水を出すことはできない。